マーケティング職にオススメの転職サイト&エージェント

キャリアカーバーは転職に使える?評判やクチコミからわかるキャリアカーバーに向いている人を徹底解説!

お悩みリーマン

キャリアカーバーってぶっちゃけどうなんだろう…?

キャリアカーバーを使って転職しようと考えているけど、リアルな評判はどうなんだろう…?そんな疑問を抱えていませんか?

今回は、キャリアカーバーのリアルな評判やクチコミを調査して「キャリアカーバーが向いている人の特徴」について解説します。

この記事を読めば、キャリアカーバーの特徴を知ることができて、転職活動に使うべきか判断できます。

業界No.1のリクルートが運営するハイクラス向け転職サービスの実態を暴きます

エルモ

キャリアカーバーはハイクラス転職をするなら登録しておきたいサイトです。一方で、現在の年収やスキルによっては求人がマッチしない人もいます。

ハイクラス転職をするならCAREER CARVER (キャリアカーバー)」


\【ハイクラス転職にオススメ】3分で無料登録!/

目次

キャリアカーバーの特徴

キャリアカーバーには大きく3つの特徴があります。

それぞれの特徴を詳しく解説します。

特徴① : リクルートが運営するハイクラス向けのスカウト型転職サイト

キャリアカーバーは業界No.1のリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです

約3,000名のヘッドハンターが在籍していて、スカウティングによって豊富な求人情報を提案してくれます。1度登録さえしてしまえば、あとは待つだけでOKです

公開求人も70,000件以上(2021/8時点)掲載されているのでレアな求人情報を自分で探すこともできます。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)とは?

リクナビNextや、リクルートエージェントは幅広い人に向けて転職支援サービスを展開しているのに対して、このキャリアカーバーはハイクラス求人に限定した転職サイトになっています

特徴② : 担当のコンサルタントを自分で選べる

一般的な転職エージェントなどでは、サービスに登録すると自動的にコンサルタントが割り当てられて転職活動を進めることになりますが、キャリアカーバーは違います

担当コンサルタントを自分で選ぶことができます

これによってコンサルタントが実力不足だったり、業界知識不足などで転職活動がうまく進まない、といった転職活動でよくある失敗を防ぐことができます。

約3,000名のヘッドハンターの中から、自分の希望条件に合ったパートナーを選んで転職活動を進めれば、転職を成功させる確率も高めることができます

特徴③ : 年収1,000万超えのハイクラスの厳選求人が多数

キャリアカーバーは「ハイクラス向け」と謳っているだけあって、年収1,000万円以上の厳選求人が多数あり、有名企業の求人も紹介されています

厳選求人情報の一例

求人検索で「年収1,000万以上」の条件を指定して検索してみても、実際に60,000件以上(2021/8時点)の求人がヒットします

ヘッドハンターをうまく活用して自分に合った求人を見つけることがさえできれば、大きく年収アップを狙うことも可能です。

また、キャリアカーバーでは「1球入魂スカウト」というスカウト制度があって、これは内定確度の高い会員にのみ送られる特別なスカウトです

1球入魂スカウト」がどれだけ来るかによって、今の自分の市場価値を測る、という使い方をすることもできます。

 

\【ハイクラス転職にオススメ】3分で無料登録!/

キャリアカーバーを使うべき人

キャリアカーバーはハイクラス向けの転職サイトなので、正直なところ、全ての人が活用できる転職サイトではありません

この章では、キャリアカーバーをうまく活用できる人の特徴を解説します。結論としては以下のいずれかの条件に当てはまる場合はキャリアカーバーを活用できるといえます。

キャリアカーバーに今すぐ登録すべき人
  • 年収500万円以上
  • 英語のスキルを持っている
  • ハイスキルやマネジメント経験がある

それぞれ解説していきます。

現時点で年収500万円以上

1つ目は、現時点で年収500万円以上です。

キャリアカーバーの求人検索画面を見ると、年収条件の下限が「年収600万〜」となっています。

キャリアカーバー > 転職・求人情報一覧

一般的に、転職での年収アップはかなり成功した場合で「+100万〜150万」程度です。つまり、年収600万円の求人に応募するには、現時点で「500万円程度」の年収が必要となります。

もちろんこれは目安なので、年収が500万円に満たない場合でも市場価値の高いスキルを持っていたり、現職での評価が異常に低かったりする場合には求人が見つかる可能性もゼロではないです。

ちなみに、国税庁が公表している「民間給与実態統計調査」という調査データでは、年収600万円を超える人は全体で2割程度となっています。

年収割合割合(累計)
100万円以下8.7%8.7%
100万円超〜200万円以下14.2%22.9%
200万円超〜300万円以下14.9%37.8%
300万円超〜400万円以下17.0%54.8%
400万円超〜500万円以下14.6%69.4%
500万円超〜600万円以下10.1%79.5%
600万円超~1,000万円以下15.7%95.2%
1,000万円超4.8%100%
民間給与実態統計調査 > 給与階級分布(令和元年)

キャリアカーバーでは、この全体の2割の応募者をハイクラスと定義してターゲットにしていると言えます。

英語のスキルを持っている

英語のスキルを持っている場合も、転職市場で高評価を受ける可能性があります

近年、英語のスキルの重要性はどんどん上がっています。

なぜなら日本の市場から海外のマーケットに事業を展開する企業が増えていて、それに伴って英語を使える人材も不足しているからです

下の図は、外務省が公表している海外在留外人数調査統計のデータです。

海外在留外人数調査統計

2013年から2018年の5年間で、海外拠点数は約18%増え75,531拠点までに増えています

右肩上がりで増えていく傾向は、今後も続いていくことが予想され、企業の海外拠点が増えていくと、海外で活躍する社員がさらに必要になっていくので、企業は即戦力となる人材を転職市場で探すことになります。

英語を使える人材に高年収を提示する求人も増えているので、目安として「TOEIC700点以上」のスコアを持っている場合には英語力のアピールに使える可能性があるでしょう

ハイスキルやマネジメント経験がある

高年収の求人の応募要件では、高度なスキルやマネジメント経験を求めるものがほとんどです

経営企画、マーケティング、ITの専門スキル、それにマネジメント経験のような希少な経験がある場合は、キャリアカーバーの求人とマッチする可能性が高いです。

キャリアカーバーで高年収が狙える経験 
  1. 経営企画(事業戦略、予算管理、新規事業開発)
  2. マーケティング(マーケティング戦略、施策立案・効果検証)
  3. マネジメント経験(プロジェクトマネジメント、プロダクトマネジメント)
  4. 専門スキル(クラウド、ブロックチェーン、AI、データ分析)

また、これらのスキルの掛け合わせの経験があればさらに高年収を期待することがあります

例えば、「クラウド技術を活用した事業戦略策定」などのように、トレンドのIT技術とビジネス知識の両方を活用する経験がある人材は貴重な存在なので、転職市場でも高評価を得ることができます。

 

\【ハイクラス転職にオススメ】3分で無料登録!/

キャリアカーバーを使う時のポイント

この章では、キャリアカーバーを使うときのポイントについて解説していきます。

キャリアカーバーを使うなら意識しておきたいポイントをまとめているので、必ずチェックしておきましょう!

自分に合ったコンサルタントを探そう

キャリアカーバーの特徴として、自分でコンサルタントを選べるという点があります

それぞれのヘッドハンターには得意な業界や業種が存在するので、当然自分が希望に特化したコンサルタントにサポートしてもらった方が良い情報を得ることができます

自分に合ったコンサルタントを選ぶポイントは以下の通りです。

コンサルタントを選ぶ時のチェックポイント

  1. 業界・業種 : 自分が希望する業界・業種とマッチしているか
  2. 過去の支援実績 : 専門とする業界・業種で十分な支援実績を持っているかどうか
  3. 過去の経歴 : 出身の会社や、ヘッドハンター歴はどれくらいか

必ずチェックしたいポイントとしては自分が希望する業界・業種を得意としているか、またその領域において十分な支援実績があるかどうかをチェックしましょう

そして、プラスアルファとしてヘッドハンター自身のこれまでキャリアもチェックしておきましょう

例えば自分がIT業界を希望しているなら、実際にIT業界で働いた経験を持っているコンサルタントからは文化や雰囲気といった「生の情報」も教えてもらうことができます。

リアルな情報をもとに、具体的に転職後の姿をイメージしながら転職活動を進めることで、転職後に後悔するリスクも下げることができます

エルモ

自分に合ったパートナーを見つけることが転職成功の第1歩ですね。

転職エージェントを併用しよう

キャリアカーバーはハイクラス向けのヘッドハンティング型の転職サイトなので、求人情報も幅広く職種が掲載されているわけではありません

また、面接対策や書類添削などの細かなサポートもないので転職経験の少ない人にとっては少し使いづらい部分があるのも事実です。

そこでオススメするのは、転職エージェントを併用する方法です

キャリアカーバーでは対応していない部分を他の転職エージェントでカバーすれば、より確実に転職活動を進めることができます

併用にオススメの転職エージェントは以下の3つです!

リクルートエージェント


公式サイト: https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントのポイント
  • 非公開求人含め、 約20万件の求人情報
  • 評判、実績ともにNo.1エージェント
  • 書類添削、面接対策、そして企業との交渉まで手厚いサポート

国内最大級の転職エージェントサイトです。非公開求人を含めると約20万件以上を取り扱い、業種・業界・企業規模にこだわらない、評判、実績ともにNo.1エージェントです

日系企業に限らず、外資系企業についても豊富な求人を扱っています。

(運営会社 : 株式会社リクルート)

\【転職初心者にオススメ】3分で無料登録!/

JACリクルートメント

公式サイト: https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントのポイント
  • 外資系、グローバルポジションの求人に強み
  • 年収1,000万を超えるハイクラス求人が豊富
  • 担当企業の知見が豊富なエージェントが転職をサポート

外資系や国内企業のグローバルポジションは国内No.1の実績を持つ転職エージェントです

1つ1つの案件の質が高く、高年収の案件も多数抱えており、リクルートエージェントやdodaに次いで、トップレベルのサービスを展開しています

世界中に拠点を持っていて、そのグローバルネットワークを活かして質の高い求人を豊富に揃えています。

(運営会社 : 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント)

\【外資転職に強い】3分で無料登録!/

doda

公式サイト: https://doda.jp/

dodaのポイント
  • 約8万件の公開求人情報
  • 転職エージェントと転職サイトを同時に利用可能
  • 若手転職者のサポート経験が豊富

リクルートエージェントに次いで、No.2の求人数を抱える転職サイトです。1つのサイト登録で転職サイトとエージェトサービスが受けられるので、手軽で質の高い情報が手に入ります。

若手で外資系企業への転職を目指す人はぜひ活用しましょう!

(運営会社 : パーソルキャリア株式会社)

\【転職初心者にオススメ】3分で無料登録!/

エルモ

転職エージェントはサポートが手厚い大手エージェントがオススメです。

キャリアカーバーの良い評判

キャリアカーバーの実際の評判やクチコミはどうなものがあるのか気になりますよね。まずは、良い評判についてまとめていきたいと思います。

良い評判としては、求人の質の高さや、コンサルタントのサポートについてのコメントが多くあります

質の良い求人が期待できる

自分に合ったコンサルタントを指名できる

年収1,000万超えの求人が多数

キャリアカーバーの特徴として解説した、高年収案件があることや、コンサルタントを自分で指名して転職活動を進められる点は実際のクチコミでも確認することができました

キャリアカーバーの悪い評判

続いて、キャリアカーバーの悪い評判についてまとめていきます

悪い評判としては、スカウトが来ない、ハイスペックすぎて自分のレベルに合っていないといった声があります

ハイスペックすぎて自分には合わない

求人情報はリクナビNEXTやDODAなどに比べるとめちゃくちゃ少ないです。
でも出ている求人はすべてが高収入の仕事ばかり。年収1000万とかザラですね。でも求めている人物像の理想が高く、自分には到底無理でした。自分が出来ることは単純に売ることだけです。キャリアカーバーではそれだけではダメなんですね。求めている能力が高すぎる。

キャリアカーバーを見た後にリクナビNEXTとか見ると安心します。自分はこっちの方が合ってます。(ランクルーより引用)

ハードルが高すぎる

20代後半で転職を希望していますが、このサイトでは自分にはかなりハードルが高いと感じました
確かに掲載されている企業は誰でも知っているような一流企業が多く、もし採用されればそれなりの収入は得られると思います。
しかし自分の学歴や現在の仕事の内容からすると、恐らく鼻にもかけられないことでしょう。このキャリアカーバーはあくまでも参考としてとらえて、自分の力量に合った転職サイトで転職先を見つけようと思います。(みん評より引用)

キャリアカーバーは「ハイクラス」をターゲットにしているため、場合によっては今すぐに使うべきではない人もいるようです

転職サービスは実際に使ってみると自分に合わないことがよくあります。その都度新しいサービスに登録し直すのは効率が悪いので、最初から複数サービスに登録して転職活動を進めましょう。

キャリアカーバーとビズリーチどっちを使うべき?

キャリアカーバーと同様のサービスとして「ビズリーチ」というサービスがあります

ビズリーチについて詳しく知りたい人は⬇️をチェック
>>ビズリーチは良い?最悪な評判と注意点からみた向いている人の特徴とは?<<

ビズリーチもキャリアカーバーと同じくハイクラス向けにスカウティングサービスを展開していますが、どちらの転職するならどちらのサイトを使うべき?と疑問に思った人もいるのではないでしょうか。

キャリアカーバーとビズリーチのどちらを使うべきかを解説していきます

エルモ

まずは、キャリアカーバーとビズリーチの違いを表で比べてみましょう。

キャリアカーバービズリーチ
ターゲットハイクラス向けハイクラス向け
求人の提案方法ヘッドハンタースカウト
一球入魂スカウト
ヘッドハンタースカウト
企業スカウト
プラチナスカウト
ヘッドハンター数3,000名以上4,500名以上
求人掲載数70,000件以上120,000件以上
費用無料一部有料
特徴・転職後の平均年収900万円
・コンサルタントを指定可能
・転職後の平均年収840万円
・有料プランで合格可能性アップ
エルモ

ヘッドハンターの数や、求人数はビズリーチが上ですが、転職後年収はキャリアカーバーが上ですキャリアカーバーの方がよりハイクラス向けと言えるでしょう

2つのサービスを比較すると、ビズリーチの方がヘッドハンターや求人数が多く、より幅広い人が活用できるサービスと言えます

一方でキャリアカーバーは転職後の平均年収900万以上というデータからもわかるように、ハイクラスの中でも上位の人が活用できるサービスと言えます

結論としては、今の自分のポジションや年収と照らし合わせて、どちらのサービスが合っているか判断する、もしくは併用して使ってみるのが良いでしょう。

【結論】ハイクラス転職を狙うなら、キャリアカーバーはおすすめ!

今回の記事では、キャリアカーバーの評判やクチコミからキャリアカーバーを活用できる人について解説しました。

結論としては、ハイクラス転職を目指している人で以下の特徴に当てはまる場合は登録しておきましょう!

キャリアカーバーに今すぐ登録すべき人
  • 年収500万円以上
  • 英語のスキルを持っている
  • ハイスキルやマネジメント経験がある

自分に合ったコンサルタントを見つけることができれば、大きく年収アップしたり、大企業への転職も可能です

また、万が一キャリアカーバーが自分に合わない時のために、転職サービスを複数登録して効率的に転職活動を進めましょう!

ハイクラス転職をするならCAREER CARVER (キャリアカーバー)」


\【ハイクラス転職にオススメ】3分で無料登録!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる