マーケティング職にオススメの転職サイト&エージェント

ビズリーチは良い?最悪な評判と注意点からみた向いている人の特徴とは?高学歴は登録だけでもしておこう!

ビズリーチを使ってみたいけど、自分も登録できるの…?そんな疑問を抱えていませんか?

この記事では、そんなあなたに「ビズリーチが向いている人の特徴」について解説します

登録審査」や「ハイクラス向け」のイメージが強いビズリーチですが、具体的にどんな人に向いているサービスなのかをしっかり解説してきます。

エルモ

結論、以下の特徴を持つ人はすぐに無料登録した方がいいです!
・高学歴な人
・TOEICのスコアが高い人
・ハイスキルやマネジメント経験がある人

>> 高学歴、TOEICハイスコア、マネジメント経験を持っている人は今すぐビズリーチに登録!

  • ビズリーチ
    年収アップを狙うなら、迷わず登録すべきハイクラス転職サイト。
目次

 ビズリーチとは?

「そういう時代です。」でお馴染み、ビズリーチはハイクラス向けの転職サービスです

ハイクラス向けというだけあって、経営に近い仕事や、高度な技術を扱う専門的なポジションに特化した、高年収求人を多く扱っています。

また、他の転職サービスにない「スカウト型」というビズリーチだけの特徴を持っています

リクルートエージェントやマイナビといった大手の転職サイトとは違う特徴を持っていて、使い方次第でキャリアアップの可能性を一気に広げられるサービスです。

では、ビズリーチの詳細について解説していきます。

ビズリーチの特徴|他サービスとの違いは?

ビズリーチはリクルートやdodaなどの転職サービスとは違って、大きく3つの特徴があります。

それぞれ詳しく解説します。

スカウト型の転職サービス

ビズリーチの最大の特徴は、スカウト型の転職サービスという点です

ビズリーチに登録すると、担当エージェントが付いて転職サポートするのではなく、企業や個人のヘッドハンターがあなたの職務経歴を見て直接スカウト(=オファー提示)をします

それぞれのヘッドハンターには特色があって得意領域があるので、自分の希望に合ったヘッドハンターを探して、ニッチな求人を紹介してもらったりすることも可能です。

また、企業からのスカウトは直接やり取りすることでミスマッチがなくなり、採用の可能性がグッと上がるのです

登録審査があって限られた人だけが使える

ビズリーチを利用するためには、事前審査を通過する必要があります

これも他の転職サービスにはない仕組みですが、ビズリーチでは高年収やハイクラスの人を主に扱っているので、利用する人に一定の基準を設けていることが理由です。

条件をクリアした人が集まっているからこそ、ヘッドハンターや企業も安心してスカウトできるというわけです

審査通過できないのはどんな人?と気になる人もいるかもしれませんが、ビズリーチに向いていない人の特徴は後からしっかり解説します。

エルモ

年収や職務経歴によっては審査を落とされてしまうこともよくあるようです。

有料プランがある

最後の特徴は、有料プランがあることです

通常の転職サービスは無料で利用できるものがほとんどですが、ビズリーチには有料プランがあるのです。

有料プランを使うことで、スカウトの数が増えたり、細かい条件を指定して求人検索が可能になったりと機能を追加することができます

無料で使えないこともないですが、有料プランの方が合っている人もいるので、使い分けについては後段でガッツリ解説します!

こんな人がビズリーチに向いている!TOEICハイスコアと高学歴におすすめ!

Photo by Diana Polekhina on Unsplash

まず最初に、意外と知らないビズリーチを絶対に利用した方がいい人の特徴を紹介します

冒頭でも紹介しましたが、以下の3つのうちどれかに当てはまる人とビズリーチに登録した方いいでしょう

高学歴な人
TOEICのスコアが高い人
ハイスキルやマネジメント経験がある人

それぞれ詳しく解説します。

高学歴な人

学歴が関係あるの?と思うかもしれませんが、ビズリーチでは学歴も重要視されています

その証拠に、ビズリーチが展開するOB訪問に特化したビズリーチキャンパスでは利用できる学生が制限されているのです。

ビズリーチキャンパスを利用できる大学

あ行: 青山学院大学/大阪私立大学/大阪大学/大阪府立大学/お茶の水女子大学/関西大学

か行: 関西大学/関西学院大学/学習院大学/九州工業大学/九州大学/京都大学/慶應義塾大学/神戸大学/国際教養大学/国際基督教大学

さ行: 滋賀大学/静岡大学/上智大学

た行: 千葉大学/中央大学/筑波大学/津田塾大学/電気通信大学/東京外国語大学/東京工業大学/東京大学/東京都立大学/東京農工大学/東京理科大学/東北大学/同志社大学

な行: 名古屋工業大学/名古屋大学

は行: 一橋大学/広島大学/法政大学/北海道大学

ま行: 明治大学

や行: 横浜国立大学/横浜市立大学

ら行: 立教大学/立命館アジア太平洋大学/立命館大学

わ行: 早稲田大学

その他: 海外大学

ビズリーチは新卒から転職者までハイクラス人材の獲得に一貫して取り組んでいるため、特定の学校出身であるなどの理由で求人紹介することも考えられます

ビズリーチからしても、高学歴者の情報をできるだけ多く集めたいと考えているはずなので、優遇されている可能性は十分あります。

TOEICのスコアが高い人

TOEICのスコアで700点以上を持っている人はすぐにビズリーチを登録した方が良いです

私はTOEICスコア935点を持っていますが、外資系の求人や高年収のオファーが実際にたくさん来ます

これは英語を使える人材を求めている国内の大企業や、日本に進出した高年収の外資系企業が増えていることが理由として考えられるでしょう。

外務省が公表している海外在留外人数調査統計のデータにおいても、年々海外に進出する企業が増えいてることがわかります。

ビズリーチでは、TOEICスコアを持っているだけで高年収でレアな求人に出会える可能性があるのです。

ハイスキルやマネジメント経験がある人

マーケティングや経営企画などの高度なスキルを持っている人や、マネジメント経験がある人にもビズリーチはオススメです

高年収ポジションの募集条件には、高度なスキル、もしくはマネジメント経験が求められるのがほとんどです

以下のような経験を持っている場合にはビズリーチで好条件の求人に出会える可能性が高いのでチェックしてみましょう。

ビズリーチで高年収が狙える経験 
  1. 経営企画(事業戦略、予算管理、新規事業開発)
  2. マーケティング(マーケティング戦略、施策立案・効果検証)
  3. マネジメント経験(プロジェクトマネジメント、プロダクトマネジメント)
  4. 専門スキル(クラウド、ブロックチェーン、AI、データ分析)

貴重なスキルを複数持っている場合は、さらに高年収を期待することができます。

例えば「AIを活用した事業戦略策定」のように貴重なスキルの掛け合わされることで、市場価値の高い人材と評価されるようになります

\【特徴に当てはまったら】3分で無料登録!/

こんな人はビズリーチに向いていない

Image by Robin Higgins from Pixabay

ビズリーチは事前審査型の転職サービスなので、登録しても審査に落ちてしまう可能性もあります。この章では、審査に落ちやすい5つのパターンを紹介します

お悩みリーマン

ビズリーチに申し込んでも審査で落とされてしまったらショックです…

エルモ

事前に審査に落ちやすいパターンを把握しておきましょう!

社会人経験がない

社会人経験(=会社勤めの経験)がない場合は審査に通過しづらいです

例えば、フリーランスからビズリーチに登録して審査に落ちたという人もいます。

これは過去の会社勤めをした実績のある人の方が、転職した後も継続して働く可能性が高いという判断だと考えられます

転職回数が多い

続いては、転職経験が多い人です。これは特に短期間での転職を繰り返している人が当てはまります

例えば、20代で4〜5回転職しているケースなどです

以下のデータが示すように、全年代を通して転職回数の平均は2回程度です。それに比べてあまりにも転職回数が多い場合は納得のできる理由が必要になるでしょう。

en ミドルの転職 > ユーザーアンケートの集計結果

転職を繰り返す理由として、厳しい労働環境を改善したり、キャリアアップも当然考えられます

しかし、反対に飽きっぽい性格で1つの会社に長く居られなかったり、その人自身に問題があって長く続けられないといった理由も想像されるでしょう。

いずれの理由にしろ、あまりにも転職回数が多い人はリスクがあると評価される可能性があります。

エルモ

転職回数が多くてもポジティブな転職理由を説明できれば問題ないでしょう。

マネジメント経験がない

30代後半からそれ以上の年齢で転職を検討している人でマネジメント経験がない場合に当てはまる可能性があります

ビズリーチの求人情報は、高年収案件が多いため、年齢が高くなると自然と管理職や経営に近いポジションの求人が多くなります。

実際に以下のように、マネジメント経験を必須要件とする求人も多いです

そういった理由から、過去にマネジメント経験がない人は適性がないと判断されることがあります。

現職で高年収をもらっていても、場合によっては審査を通過できないケースもあるようです

現年収が低い

転職の現実として、現在の年収から最大で20%程度の上昇が限界値となっています

ビズリーチの求人は700~1,000万の高年収案件が多く、逆に400万円以下の案件はありません。そのため、現在の年収が低いとサービス対象外と判定されることがあります。

目安としては現在の年収が500〜600万以上であれば、マッチングする求人がある可能性があると言えます

エルモ

年収が足りてなさそうな人は、ひとまずビズリーチ以外で年収500万を目指せる方法を探してみましょう。

地方で働きたい

地方で働きたいと考えている人にはビズリーチは向いていません

ビズリーチの求人は東京などの都心を中心にすることで高年収やハイクラスの求人を実現しています

地方への転職を考えている人は、リクルートやdodaなどの求人数が多い大手サイトを使って転職活動を進めるのがオススメです。

>>求人数国内No.1のリクルートエージェントで求人を見てみる

>>手厚いサポートで20~30代前半の若手の転職に強いdodaで求人を見てみる

しかし、前提として地方求人はそこまで多くないということも知っておいた方が良いでしょう。

ビズリーチの悪い評判、クチコミ

さて、ここからは実際の評判やクチコミについて解説したいと思います。

ビズリーチはスカウト型という特殊なサービスですが、そこに対する悪い評判もあるようです

企業スカウトがこない

ビズリーチのスカウトには、企業スカウトとヘッドハンタースカウトの2種類があります。

このうち、企業スカウトは直接企業からもらえるものなので、書類通過や採用の確率が高い貴重なスカウトです

これに期待してビズリーチに登録する人がいるのも当然ですが、実際はなかなか企業スカウトがもらえないという評判があります

もし、企業スカウトが少ないなと感じる人は以下の点を見直してみましょう

企業スカウトを増やすためのチェックポイント
  1. 職務経歴書を改善する:企業にとって魅力的に見える書き方に変える
  2. 必要項目を入力する:細かな条件も設定する。いきなり範囲を狭めないで設定する
  3. 希望条件を見直す:年収の条件や勤務条件をえり好みしすぎない

企業側もたくさんの候補者から条件に合う候補者を探しているので、情報不足で候補から漏れないようにしっかりと情報提供することが重要です

希望通りの求人が紹介されない

希望した求人が紹介されない、という評判もあります

現職とは違う職種や業界にチャレンジしようと考えていても、ヘッドハンターから紹介されるのは現職に関連する会社ばかり…ということもあるようです。

実はこれはヘッドハンターが「合格可能性の高い求人を紹介している」ことが理由です

ヘッドハンターも合格の可能性がない求人を紹介したくないので、職務経歴書やスキルをもとに採用の可能性が十分にある求人を優先して紹介しています

もし希望通りの求人が紹介されないと感じたら、希望条件が現実的な設定になっているか見直してみたり、ヘッドハンターに直接質問してみると良いでしょう。

ヘッドハンターからの勧誘が多い

ヘッドハンターからの勧誘が多い、という評判もあります。

通常、ヘッドハンターは応募者の希望に合った求人を紹介するものですが、中には釣り求人を使って連絡先交換までしたら、あとは勧誘に持っていく人もいます

このような悪徳ヘッドハンターに捕まってしまうと、ぶっちゃけ時間の無駄です

そうならないために、良いヘッドハンターを見分けるポイントは以下の2点です

良いヘッドハンターを見分けるポイント
  1. 求人紹介の理由を説明してくれる:自分でなければいけない理由を説明しているか
  2. 長期的な視点を持っている:短期的な視点ばかりではなく、長期的な視点で相談に乗ってくれる

求人を紹介することで、自分のキャリアにどんなメリットがあるのか、また長期的なキャリア形成をする上でどんな位置づけになるのかを説明してくれるヘッドハンターは信頼できます。

逆に、とりあえず年収アップするなどの短期的な視点でしか話さない人は微妙な可能性が高いです

ビズリーチの良い評判、クチコミ

ハイクラス向けの転職サービスとして、やはり取り揃えている求人の質の高さには定評があります。

ビズリーチで紹介されている求人の30%が年収1,000万以上とハイクラス向けの噂は本当のようです

高年収が求人が紹介される

ビズリーチの公式サイトでは、「年収1,000万円を超える求人が1/3以上」と公表しています

実際に求人を見ると、外資系、コンサルタント系、IT系、金融系などの高年収業界の求人が多く、年収アップを目指す人にはやはりオススメです。

実際の口コミを見ても、年収アップに触れている内容が多く、高年収でハイクラス向け転職サービスは真実だと言えるでしょう

ヘッドハンターとの人脈が気付ける

ビズリーチの中にいるヘッドハンターには、個人でフリーランスとして活動するヘッドハンターもいます。

企業に所属するヘッドハンターと違って、ニッチな案件を知っていたり、深いところまで企業の情報を持っていたりします

一度良いヘッドハンターに出会えると、転職した後も継続して最新情報を入手したり、次のキャリアを考えるサポートを受けられたりと心強い味方になってくれるでしょう

通常の転職サービスでは一定の期間でサービスが打ち切りになりますが、ヘッドハンターとは継続して長期間の関係を作っていくことができます。

プラチナスカウトで合格率が上がる

プラチナスカウトとは、ヘッドハンターが回数限定で送ることができるスカウトのことです。特に、企業からのプラチナスカウトは面接確約となります。

https://twitter.com/kpmglove/status/1416045222081941504

プラチナスカウトは特に案件にマッチした人材にだけ送られるもので、特殊なスカウトである分、合格率も上がります

採用する側が料金を払って使っている仕組みで、どうしても欲しい人材にだけ送る特別な求人なのでプラチナスカウトという特別な形で通常スカウトと差別化しているものです。

応募する側としては合格の可能性の高いものに効率よくアプローチしていきたいので、プラチナスカウトが来たら特に注目してチェックしましょう!

ビズリーチは有料と無料どっちがオススメ?

Photo by Brendan Church on Unsplash

ビズリーチは無料でも使えるサービスですが、有料プランも存在します。

会員クラススタンダードプランプレミアムステージ
タレント会員無料30日間 3,278円
ハイクラス会員無料30日間 5,478円
プラン別の料金比較表

スタンダードプラン(無料)とプレミアムステージ(有料)の違いは、通常スカウトの閲覧と求人検索機能です

機能スタンダードプランプレミアムステージ
プラチナスカウト
通常スカウト×(閲覧不可)
求人検索▲(会社名は非表示)
プラン別の機能比較表

無料で利用できるスタンダードプランでは、以下2点が制限されます。

通常スカウトの内容が見ることができない
求人検索で会社名とヘッドハンターの氏名が見れない

簡単に言ってしまえば、企業への応募のチャンスが減ってしまうということです

使い方の結論としては、まずは無料で始めて、求人の数を見て有料プランを検討するのがオススメです

無料で始めたとしても、ビズリーチの条件に合った人材であればたくさんのスカウトを受けることができます

もし登録してみてもスカウトが少ない場合は、有料プランに切り替えてみて、それでも合わなければ他の転職サービスを検討するものありです。

\【ハイクラスへのキャリアアップにオススメ】3分で無料登録!/

エルモ

まずは力試しのつもりで無料から始めるのがオススメです。意外な求人に出会うこともありますよ。

ビズリーチとキャリトレの違い

ビズリーチには、姉妹サービスである「キャリトレ」というサービスがあります。

キャリトレは、完全無料で使えるスカウト型の20代向け転職支援サービスです

 項目ビズリーチキャリトレ
ターゲットハイクラス向け20代向け
利用料金一部有料無料
審査有無ありなし
ビズリーチとキャリトレの比較表

キャリトレでは、20代向けの求人を幅広く取り揃えていて、全ての機能を無料で使うことができます

ビズリーチに登録してみたけどスカウトが来なかったり、自分の希望する求人と出会えないという人はキャリトレを使って幅広く求人を探してみるのもオススメです

>>キャリトレを無料で使ってみる

ビズリーチで市場価値を図ってみよう!

ここまでビズリーチの特徴や評判、クチコミについて解説してきました。

ビズリーチはハイクラス向けの転職サービスなので、場合によっては今の自分と年収や勤務条件が合わない可能性があります

しかし、一度登録してみることで自分のリアルな市場価値を知ることができるメリットが大きいです

意外なスキルが評価されたり、メインで担当しているスキルが全く評価されなかったりと自分を見直す良い機会になります

今後キャリアアップや年収を上げたいと考えている人はぜひ一度登録してみましょう!

エルモ

特に高学歴、英語、マネジメント経験がある場合はとりあえず登録しておきましょう!

ビズリーチ

公式サイト: https://www.bizreach.jp/

  • ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイト
  • 約30%の求人が年収1,000万超え
  • 金融系・コンサルタント系・外資系企業の求人が豊富

\【ハイクラスへのキャリアアップにオススメ】3分で無料登録!/

まとめ

ビズリーチはハイクラス求人で年収アップを狙う人には最適の転職サービスと言えます

良いスカウトをたくさんもらうための秘訣は、自分の情報をアップデートし続けることが重要です。

一度登録して放置するのではなく、新しい経験やスキルを得たら職務経歴書に追加して魅力的な人材であることをアピールしましょう。

英語やマネジメント経験などの評価の高いスキルを狙って磨いていくのも効率的でオススメです!

>> 高学歴、TOEICハイスコア、マネジメント経験を持っている人は今すぐビズリーチに登録!

  • ビズリーチ
    年収アップを狙うなら、迷わず登録すべきハイクラス転職サイト。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

目次
閉じる