マーケティング職にオススメの転職サイト&エージェント

新卒1年目2年目で転職するとまずい?仕事を辞めたいときに考えたいメリット・デメリット

新卒1年目2年目で転職するとまずい?メリット・デメリットとは

実際に働いたら想像と違う、配属された部署が希望と違うなど、入社後に違和感を感じることはありませんか?

そんな時、新卒1年目2年目の第二新卒の場合、今の会社に居続けるべきなのか、それとも転職を決断するべきなのか非常に迷うところですよね。

そこで新卒1年目2年目で転職するべきかどうか、貴方の指針となるメリットデメリットを紹介したうえで、判断基準をご案内します。

迷ったら絶対に登録しておくべき転職サイト3選!

  1. リクルートエージェント
    国内最大級の転職エージェントサイト、評判、実績ともにNo.1エージェント。とりあえず登録しておいて間違いありません。
  2. doda
    リクルートエージェントに次いで、No.2の求人数を抱える転職サイト。1つのサイト登録で求人閲覧とエージェトサービスが受けられるので、手軽で質の高い情報が手に入ります。
  3. ビズリーチ
    ハイクラス向けの転職サイト。ヘッドハンティング型の転職サイトで、条件に当てはまれば、たくさんのヘッドーハンターからハイクラス求人の紹介を受けられます。自分の力試しにもオススメです。
目次

転職はまずい?入社1年目2年目で仕事を辞めたくなる理由

転職はまずい?入社1年目2年目で転職したくなる理由

入社1年目2年目で転職はまずいかな?と思いつつ、合わない会社で働き続けるのはつらいものです。

どうして転職したくなるのかその理由は人によって様々ですが、特に多い理由を見てみましょう。

転職したくなる理由① 会社の人間関係が嫌になった

転職したくなる理由① 会社の人間関係が嫌になった

職場の人間関係が理由で転職する人は転職の理由の中でも多いです。

上司のパワハラ、セクハラ、モラハラがひどいなど、職場の環境に働きづらさがある場合は、転職したほうが良いといえます。

転職したくなる理由② 仕事量が多過ぎる

転職したくなる理由② 仕事量が多過ぎる

あまりにも残業が多くて休めない、休日出勤がある、給料が労働に見合わないなど、採用される際は残業は多くないと言われていたのに、実際に働いてみる大変ということがよくあります。

長時間労働や激務で、精神的にも肉体的にも参ってしまう場合は転職したほうが身のためです。

転職したくなる理由③やりたい仕事ではなかった

職したくなる理由③やりたい仕事ではなかった

入社前に聞いていた仕事内容と、実際はまったく違っていたという場合もよくあります。

また、入社してから初めて自分がやりたい仕事に気付くことも少なくありません。

自分が本当にやりたいことがわかった場合には、思い切ってやりたい仕事に転職することも選択肢の一つでしょう。

新卒1年目2年目で転職をするメリット

新卒1年目2年目で転職するとまずい?メリット・デメリットとは

新卒1年目2年目で転職をするメリットは、あなたが思っている以上に多かったりします。

具体的には、以下です。

  • 第二新卒枠は門徒が広がる可能性アリ
  • スキルを重視されにくい

その具体的なメリットを知っておきましょう。

第二新卒枠のうちのほうがチャンスが多い

新卒入社後3年以上経ってから転職する場合、第二新卒枠ではなく中途用枠で採用されます

職種変更が大変になってしまいますから、早いうちに転職したほうが希望の業種をより多く選べます。

スキルを重視されにくい

スキルを重視されにくい

企業は新卒1年目2年目に対しては経験やスキルよりも、ポテンシャルを重視しています。

まだ実績がない第二新卒は、採用者に会社にとってメリットになる人材かどうかをアピールすることが大切です。裏を返せば、実績は重視されないので、中堅社員と比較して専門性を求められないうちに転職チャンスがあるのが大きなメリットです。

職場に馴染みやすい

新卒1年目2年目の社会人は、前職の勤続年数が少ないので、社風、仕事のやり方に染まりきっていないので企業側が人材を教育しやすいといわれています。

また、年齢も若いので同じ年代同士すぐに打ち解けやすいというメリットもあるかと思います。

新卒1年目2年目で転職をするデメリット

新卒1年目2年目で転職するとまずい?メリット・デメリットとは

「こんなことなら転職しなければよかった・・・」なんてことにならないように、転職のデメリットもしっかり把握しておきましょう。

給与が落ちる可能性がある

社会人としての経験が浅いため、転職先では給与が同等かもしくは落ちる可能性があります。

ただ、スタートラインで給与が落ちてもその後キャリアを積めば給与が上がりますし、希望の業種でしたら本来の実力を発揮できる可能性もありますので、あまり懸念することはないでしょう。

再転職を懸念される

またすぐ転職するのではと就労意志を疑われる

新卒1年目2年目で転職をしようとしているわけですから、自分の気に入らないことがあればまた転職しようとするのではと転職先の企業から再転職を疑われる可能性もあります。

働いている中で他の分野に興味を持ち、早めに行動したかったからとポジティブに伝えられるようにしましょう。

希望の分野を求めて転職したなら、すぐ辞めてしまうことはないと採用する側に判断してもらえる可能性が高いです。

新卒1年目2年目でも転職をすべき人とは

第二新卒を積極的に採用する企業が増えてきて、他業種への転職がしやすくなりました。

思い切って自分が携わりたい分野に転職することで、その分野でのスキルがアップする可能性が高まります。

  • やりたいことが明確
  • 給与が安い
  • 会社の経営が傾いている
  • 労働環境が悪い

やりたいことが明確

新卒1年目2年目で転職するとまずい?メリット・デメリットとは

やりたいことがはっきりしているのなら、早めに行動しましょう。

新しいことに挑戦できるのは、若いうちのほうがチャンスが多いのです

就職時に妥協してしまった、偶然内定が決まった会社に入ってしまった、などの理由で就職した方は、もう一度自己分析をしてみましょう。

本当に自分に向いている、やりたい仕事ができる会社を見つけるために自分をよく知っておくことが大切です。

給与が安い

新卒1年目2年目の平均年収より低い場合は転職したほうがいいでしょう。

新卒1年目2年目の平均年収 (参照:国税庁 民間給与実態統計調査)
男性:約280万円
女性:約250万円

多少前後するかもしれませんが、上記より少ない場合は転職を考えたほうが良いです。

会社の経営が傾いている

業績不振や合併などで会社の将来が不安な人は早めに転職したほうがいいです。

仕事は自分の生計を立てるためにするわけですから、倒産しそうな会社と一緒に身を崩す必要はありません。。

社内で倒産や合併などの話が出たときは、なるべく早く行動しましょう。実際には、話が出てきてたタイミングでは遅いので、赤字続きや成長機会があるかないか?で判断すると良いと思います。

労働環境が悪い

長時間労働や低い賃金、休日なしなど劣悪な労働環境はあなたの心身に良くありません。

特に残業や休日出勤は過労によるストレスもたまります。

・スキルアップに繋がらない長時間労働
・やりたいこととかけ離れた形での低賃金

このどちらかを満たしているのであれば、転職を検討するが吉です。

新卒1年目2年目で転職に成功するには

新卒1年目2年目で転職に成功するには

転職すると決めた以上は成功するためにできることは全部やりましょう。

成功するためのポイントがいくつかあります。

  • 転職理由を用意しておく
  • 転職の時期やタイミングをはかる
  • 企業のニーズにあった長所をアピールする
  • 第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを活用する

転職理由を用意しておく

転職理由を用意しておく

中途採用では必ず前職の退職理由が聞かれますが、新卒1年目2年目での転職者は特に重要視されます。

すぐ辞めてしまう人間かどうかを企業は見極めようとしているからです。

「働いている中で〇〇に興味を持ち、その分野でキャリアを築くために早めに行動したかったから」と前向きに伝えられるようにしましょう。

転職の時期やタイミングをはかる

転職の時期やタイミングをはかる

転職先が決まるまでは退職しない。

新卒の入社を来春まで待てず、年間を通して常に人材を採用したい、という企業は通年採用を行っています。

このような企業であれば、募集が出ている間は常に応募できるチャンスです。

企業のニーズにあった長所をアピールする

企業のニーズにあった長所をアピールする

各企業で第二新卒の採用が活発になっており、転職先の選択肢が増えていますから、新卒時は手が届かなかった企業に挑戦できるチャンスがあります。

業界・企業分析を徹底的に行うことで、その企業のニーズにあった長所をアピールすることができます。

第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを活用する

第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェントを活用する

転職サイト・転職エージェントなどの転職活動のプロを活用しましょう。

新卒1年目2年目の転職をサポートしてきたノウハウがあり、新卒1年目2年目の人材を募集している企業からの求人を紹介してもらえます。

キャリアアドバイザーのアドバイスや情報は、新卒1年目2年目の転職成功に大変役立ちます。

【まとめ】

新卒1年目2年目で転職するとまずい?メリット・デメリットとは

転職するかしないかは人生の大きな分岐点です。

どのメリットを優先し、どのデメリットなら許容できるのか精査しておきましょう。

このまま今の会社に居続けるべきか疑問に感じたらまずは転職サイトや転職エージェントに登録しておくべきです。

もしかしたら貴方を今よりもっと必要とし、貴方の希望にぴったりな会社が見つかるかも知れませんよ

あわせて読みたい
【第二新卒向け】社会人2年目3年目にオススメの転職サイト&エージェントを徹底比較!
【第二新卒向け】社会人2年目3年目にオススメの転職サイト&エージェントを徹底比較!新卒2年目や3年目の第二新卒の方にとって、転職というのは初めてのことであり、果たしてうまくいくか心配や不安でいっぱいですよね。その上、転職活動に自分に最も合っ...

迷ったら絶対に登録しておくべき転職サイト3選!

  1. リクルートエージェント
    国内最大級の転職エージェントサイトです。非公開求人を含めると約20万件以上を取り扱い、業種・業界・企業規模にこだわらない、評判、実績ともにNo.1エージェント。とりあえず登録しておいて間違いありません。
  2. doda
    リクルートエージェントに次いで、No.2の求人数を抱える転職サイト。1つのサイト登録で求人閲覧とエージェトサービスが受けられるので、手軽で質の高い情報が手に入ります。
  3. ビズリーチ
    ハイクラス向けの転職サイト。ヘッドハンティング型の転職サイトで、条件に当てはまれば、たくさんのヘッドーハンターからハイクラス求人の紹介を受けられます。自分の力試しにもオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる