マーケティング職にオススメの転職サイト&エージェント

仕事が暇すぎて辞めたいほど辛い!ストレスを感じる原因と対処法

仕事が暇すぎてストレスを感じ、辛いと感じることはありませんか?

仕事が暇でやることがないのはあなたが原因とは限りません。

ここでは仕事が暇で辛い方にその理由や対処法について解説します。仕事が暇で仕方がないという方は、原因と対策について考えてみてましょう。

仕事が暇で、転職を考えたい人へ
  1. リクルートエージェント
    日本最大級の転職エージェントで、実績と評判ともにダントツNo.1!
     無料登録して案件を探してみよう。
目次

仕事が暇すぎてやることがないのが辛い理由

仕事が暇というのは決して楽しいものではありません。

どうして自分には仕事がなくてこんなに辛い思いをしないといけないのか、その理由について考えてみましょう。

そもそも社の仕事がなさすぎる

まず、そもそも職場の仕事がなさすぎるということが想定されます

この場合、自分に原因があるというよりも、職場環境に依存しているものです。根本的な問題なので、環境を変えられないのかを含め検討してみましょう。

新人や新卒に与えられる仕事が少なく職場で評価されていない

せっかく会社が新人や新卒を雇っても、なかには研修や教育が疎かにされている企業があります。

もし研修を受けられなければ新人は能力に関わらず、仕事を覚えることができません。

上司や雇う会社側に問題がある場合は、労働者側から改善を求めることには難しく、暇を持て余してやることがなくなってしまいがちです。

また、上司や先輩から新人や新卒というだけで低く見られ、会社の戦力として見られていない場合も仕事をまわしてもらえずに、暇で辛くなるケースもあります。

上司や先輩が1人で抱え込んでいて仕事をまわしてくれない

上司や先輩が良い意味でも悪い意味でも人の手を借りずに、仕事をぜんぶ自分の責任と考えて1人で抱え込む場合があります。

その上司や先輩の間違った責任感のせいで、仕事をまわしてくれない事例も少なくありません。

仕事を部下に振るのが苦手で仕事を全部自分一人で抱え込む上司や先輩もいます。

失敗すれば、全ての責任をとって尻拭いをしなくてはならないような、とにかく失敗することを嫌うので自分で全てやろうとしてしまうわけです。

職場が忙しすぎて誰も仕事を教えてくれない

クリエイティブ系やエンジニア系などの技術職に多いですが、人に頼るなの気質の人が多いといいます。

個人の裁量幅が広い仕事は、各々が忙しくて人にかまっていられず、新人は自立性を求められることが多いです。

即戦力の人材が欲しいという会社に多いですが、よっぽど察しが良くて機転の利く人材でないと教えてもらえないと何からやればいいか分からず、新人は動けないですよね。

即戦力を仕事を教えなくてもいい社員と勘違いしている会社によくあることです。

社内の仕事の割り振りが上手くできていない

誰かや特定の部署にだけ業務が集中し、その他大勢が暇になってしまうなど、仕事の割り振りのバランスがおかしい場合もあります。

仕事内容によっては、上司よりあなたの方が長けている場合もあり、能力が活かせなければ、評価されるような成果は出ません。本来なら残業しなくてもよいような仕事を割り振られることもあるでしょう。

社内全体の仕事の効率が下がるような場合、原因は割り振りのバランスがおかしいせいなのです。

仕事が暇でやることがない時でもNGな行動

たとえ仕事が暇でやることがないとしても、今いる場所は職場です。

自分勝手なことはしてはいけませんし、また、自分を卑下するような考えも持ってはいけません。具体的に見ていきましょう。

ダラダラと何もしないで過ごす

暇でやることがないからといって、ダラダラと過ごして何もしないのはよくありません。

時間は有効に使うべきです。

やることがないのであれば、どうすれば業務効率化できるのかなど仕事へに改善策を考えてみましょう。

仕事の役に立つ勉強もおすすめです。

あわせて読みたい
社会人は何を勉強すればいいの?|忙しい社会人でも勉強すべきオススメジャンル5選を解説
社会人は何を勉強すればいいの?|忙しい社会人でも勉強すべきオススメジャンル5選を解説キャリアアップのために勉強したいけど、何を勉強していいかわからない...そんな悩みを抱えていませんか?この記事では、「社会人こそ勉強すべきオススメジャンル5選」...

仕事をしているフリをして過ごす

上司や先輩に怒られると嫌だから、なにかの仕事をしているフリをするというのはNGです。

時間を無駄に過ごしてしまっているだけで、自分のスキルや能力が上がるわけでもありません。

誰かに仕事内容を詮索されると焦りますし、業績もいっさい上がりませんから会社にいる意味を失ってしまいます。

有意義な時間を過ごせるように直ちに対策しましょう。

スマホばかり見る

確かに、スマホは暇つぶしに最適です。ネットが見れるだけでなく、アプリのゲームなども手軽に遊べますね。しかし、それは仕事中にすることではありません。また、スマホばかり見ていると、周りの人はあなたがサボっていると一目でわかります。

スケジュールの確認や家族などからの連絡が気になって少し見るのは仕方がないかもしれません。

しかし、スマホは休憩時間などに見るのが基本。注意されないから許されていると勘違いするのは禁物です。

会社のPCやネットで無関係なことをする

仕事中に暇つぶしで会社のPCを使って必要のないWebサイトを見たり、SNSをチェックしたりするのはやめましょう。

会社によってはコンプライアンス上、どのようなWebサイトにアクセスしているか監視している場合もあります。問題が発生した際に、不要な用途にPCを使っている状況が判明すれば言い逃れはできません。

そして、信頼性の低いWebサイトにアクセスするとウィルスに感染するリスクもあります。

それが個人情報の流出などの大きな問題に発展する可能性もあることを認識しておきましょう。

自分価値を見失ったり、人間関係に無関心になったりする

やってはいけないのが、

  • 自分の価値を下げること
  • 仕事や同僚に無関心になること
  • ネガティブになって自己否定をすること

何もしないでダラダラと過ごしてしまうことは、自分の価値を下げることにつながります。

自分は何もできない人間だと思いこんでぼんやりと考えごとをしていたり、周囲の人のことに無関心になってしまったりしてはいけません。

生き方そのものを否定するほどネガティブになったら危険信号です。

仕事が暇で辛い時の対処法

仕事が暇だからといって時間がただ過ぎるのを待つだけだと、前向きな気持ちや生きがいがなくとても辛いものです。

そこでその対処法を見てみましょう。

自分に手伝えることがないか上司や先輩に相談する

先輩のほうが身近な存在であり、ふだんから仕事の質問をしたり入社当時から仕事を教えてもらったりして、先輩とコミュニケーションを取ってきている人も多いはずです。

会社にひとりくらいは、話しやすい先輩がいるという人がほとんどではないでしょうか。

手伝ううちに、適切なアドバイスをもらえる可能性があります。ダメ元で相談してみましょう。

上司や社内の雑用を率先して行う

上司や社内の雑用って意外と放置されたままの時があります。

自ら率先して雑用をこなしてみましょう。

雑用をしないと効率よく仕事ができず、職場で快適に過ごせないのも事実です。

雑用は仕事をしやすい社内環境作りに必要であるため、「なんで自分が」という気持ちが湧くかもしれませんが、雑用といえど大事である仕事です。

少しずつでも達成感を味わうと気分がポジティブになれますよ。

書類やPC内の業務を効率化できることを探す

書類やパソコンのファイルなどの仕事を見直したり、業務をあらためてチェックしたりすれば、改善点が見つかるかもしれません。

業務改善や効率化できることはないか探してみるのは仕事の内容ぬかかわらず重要な仕事です。

マニュアルを再度整理したり新たな顧客を開拓したりしてみましょう。

業務を改革できる方法を探れば、暇な時間があっという間に過ぎていきます。

仕事に活きる資格の勉強をして新たなスキルや知識をつける

仕事が暇なときに仕事以外のことができるような状況であれば、職場で資格の勉強をするのがよいでしょう。

時間を有意義に使いたい、キャリアアップ、転職を開きたい人にとっても、資格の勉強は飛躍のきっかけなるでしょう。

勉強におすすめなのが、以下のような資格です。

日商簿記ビジネス実務法務検定TOEICやTOEFL暇でも職場で業務に関係のないことができない、仕事しているふりを装って勉強がしたい人は、PCスキルの勉強をするのがいいでしょう。

このような勉強は、PCに関する高度なスキルを身に付けて職場で求められる人材になりたい人におすすめです。

あわせて読みたい
社会人は何を勉強すればいいの?|忙しい社会人でも勉強すべきオススメジャンル5選を解説
社会人は何を勉強すればいいの?|忙しい社会人でも勉強すべきオススメジャンル5選を解説キャリアアップのために勉強したいけど、何を勉強していいかわからない...そんな悩みを抱えていませんか?この記事では、「社会人こそ勉強すべきオススメジャンル5選」...

まとめ:本質的には「仕事は自らが作り出すもの」

ここまで、「仕事が暇すぎる方へ原因と対処法」について解説してきました。

最後に、社会人のスタンスとして、「仕事は与えられるモノではなく、自ら作り出すべきもの」ということをお伝えできればと思います。

組織でビジネスをしている以上、お客様や組織内のメンバーには必ず課題が存在しているはずです。

  • 現状の課題に気づく
  • その課題をうまく解決できる打ち手を考える
  • メンバーの困りごとを自分が請け負う

このあたりに気をつけていると、自ずと仕事は増えてきます。組織内に「困りごとはないか?」という視点で、仕事に取り組んでみてください。

最後に:仕事が暇すぎるなら転職のプロに相談しよう!

会社で仕事が暇なことは、裏を返せば転職活動においては大きなメリットといえます。

余裕を持って次の仕事を見つけることができますから、スキルが身に付く、やりがいのある仕事をじっくり探すことが可能です。

そんな時に頼りになるのが転職エージェントです。

仕事が暇で仕方ない、仕事を変えたいと考えている方は、国内No.1のリクルートエージェントに是非無料登録してみてください。

リクルートエージェント

公式サイト: https://www.r-agent.com/

  • 非公開求人含め、 約20万件の求人情報
  • 評判、実績ともにNo.1エージェント
  • 書類添削、面接対策、そして企業との交渉まで手厚いサポート

国内最大級の転職エージェントサイトです。非公開求人を含めると約20万件以上を取り扱い、業種・業界・企業規模にこだわらない、評判、実績ともにNo.1エージェントです

それぞれのエージェントの対応も丁寧で質が高く、職務経歴書などの情報をしっかりと分析して自分に合った求人を紹介してくれます。筆者もこれまでの転職活動でリクルートエージェント経由で2度の内定をもらうことができました

転職サイトの紹介でもありますが、リクナビNEXTとも求人情報が連動しているので、合わせて活用すれば求人情報に困ることはないでしょう。

\【転職初心者にオススメ!】3分で無料登録!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる