マーケティング職にオススメの転職サイト&エージェント

VideoWorks(ビデオワークス)の評判・口コミを解説!動画クリエイターへ発注できるマッチングサービス

「動画コンテンツを作りたいけど、どうしたらいいか分からない…」
「質の高い動画を作ろうと制作会社に依頼したら予算が高すぎる…」

質の高い動画作りには、莫大な時間とコストがかかります。

制作会社に依頼すると、安くても15万程度かかると言われており、企画や撮影まで依頼すると数十万、数百万円の動画制作費用がかかることはザラにあります。

のような動画制作に関する時間とコストの悩みを解消するサービスがビデオワークスです。

ビデオワークスは、最短即日でプロの動画クリエイターを探せるうえ、クリエイターに直接発注する仕組みになっているので、コストを抑えて発注することができます

少しでも発注コストを削減したい方は、まずビデオワークスに無料登録して最適なクリエイターを探してみましょう。

\ 登録クリエイターが業界No.1! /

✏️この記事を書いた人✏️

この記事を書いている筆者は、本業、副業でマーケティングに携わり、以下のメディアでもマーケティングを情報を発信しています。
Twitter : @elmo_marketing
ニュースレター: Marketing Media Lab

目次

VideoWorks(ビデオワークス)とは?

出典:ビデオワークス
運営会社Crevo株式会社(英社名 Crevo Inc.)
所在地〒153-0061
東京都目黒区中目黒2丁目10番15号 フロンティア中目黒 3F
代表者柴田 憲佑
サービス内容動画制作のオンライン発注マッチング
メリット直接発注だから中間マージンなし

ビデオワークスとは、最短即日マッチングでプロの動画クリエイターを探せるサービスです。

制作したい動画・映像をオンライン上に掲載すると、複数の提案や見積もりが集まるため、クリエイターと直接取引できます。

一般の制作会社とは異なり、低コストでプロのクリエイターに依頼ができるため、はじめての発注やコストをなるべく抑えたい方におすすめです。

タクシーで流れている動画広告を見れば、ビデオワークスの魅力が30秒でわかります

動画制作のマッチング事業をやっているだけあり、かなりキャッチーで高クオリティな広告です。

動画クリエイターが業界最高レベル

ビデオワークスには約10,906名のクリエイターが登録しており、業界NO.1の在籍数を誇ります。

プロダクションや制作会社から独立した優秀なクリエイターが登録しているため、技術レベルが高いのが特徴。

ビデオワークス事務局でも、面談などを通してクリエイターを厳選しており、自他ともに認める人材が揃っています。

サービス紹介動画やCM、企業プロモーションなど強みもそれぞれあるため、適したクリエイターを見るけることができます。

クリエイターの特徴については後述します。

企画から納品まですべて任せられる

直接依頼ができるからこそ、依頼内容の自由度も高く、発注者の要望が叶えられます

依頼できる仕事の例は以下の通りです。

仕事の範囲
  • クライアント対応
  • 企画
  • 構成
  • 演出・コンテ制作
  • シナリオライティング
  • コピーライティング
  • ナレーション原稿
  • CG・3DCG
  • アニメーション
  • 編集
  • ロケーション手配
  • メイク・衣装
  • 撮影
  • 美術
  • 作曲など

フリーランスや副業クリエイターなどの個人も多いため、短期での納品や単発依頼も可能です。

無料コンペが可能

募集を開始すると、クリエイターから応募・提案が集まります。集まった提案の中から、制作イメージに合うクリエイターを選べます。

通常は、少額なりとも料金を支払いコンペでクリエイターを選ぶ場合もありますが、ビデオワークスは無料で提案が集まるためクリエイター選びに失敗するリスクが少ないです。

サービスの登録から発注までをすべて無料でできるのが魅力です。

VideoWorks(ビデオワークス)のメリット

ビデオワークスを利用するメリットは、以下の3つです。

メリット
  • 依頼できるクリエイターを選べる
  • 最短5分で提案が集まる
  • 直接発注だから安く依頼できる

それぞれを詳しく解説します。

依頼できるクリエイターを選べる

依頼できるクリエイターを、無料コンペで選べるのは大きなメリットです。

依頼前にオンラインMTGも可能であり、連絡ツールも任意で対応できます。

全国47都道府県にクリエイターが在籍しているからこそ、現地のクリエイターの手配も可能です。

在籍数が業界No.1ということもあり、かなりの提案数が見込めるので、適したクリエイターを選ぶことができるでしょう。

最短5分で提案が集まる

ビデオワークスを利用すれば、募集から最短5分で提案が集まります

募集から動画納品まですべてオンラインで完結するのもメリットです。

仕事を依頼する際は、事前に納期やスケジュール、納品形式なども指定ができます。

そのため、募集があり発注が決まった段階では、発注側の要望に合意した形になるため手間もかかりません。

制作会社に依頼する場合は、複数回の打ち合わせや確認作業が発生するため、納品までにかなりの時間がかかります。

その点、ビデオワークスはスピーディーに動画コンテンツを完成させたい方にもメリットがあります

直接発注だから安く依頼できる

フリーランスや副業クリエイターなどの個人で活動するクリエイターが多く登録しており、直接発注できるため安く依頼できます

ビデオワークスは、依頼金額から紹介手数料20%を差し引いた報酬をクリエイターに支払うビジネスモデルのため、発注者に手数料は発生しません

発注者は中間マージンなく、サービスを利用できるのもメリットです。

支払いに関しても、ビデオワークス事務局に請求書をもとに支払えば、事務局側からクリエイターに報酬を支払う形式です。

クリエイターは利用規約への同意で基本的な契約が結ばれているため、個別で業務委託をする必要もありません。

法人・企業向けプランもある

ビデオワークスには、法人・企業向けの動画制作サポートプランもあります

このプランを利用すれば、動画制作の不安や手間を解消できます。

法人・企業向けプランのメリット
  • 企画から納品までをすべて提案
  • 思い通りのクリエイターと最適なマッチングをサポート
  • クリエイターとのやり取りや制作進行をサポート

動画制作に詳しい営業が要望をヒアリングし、最適な制作の進め方を提案してくれます。

契約形態は、請負契約形態なので動画制作会社などと同じ契約となりますが、他社よりも低価格での依頼が可能です。

また、継続して動画制作をする予定があるならば、毎月固定での依頼もできます。

サポートの流れは以下を参考にしてください。

  1. 企画・事前打ち合わせ(ヒアリング、金額調整)
  2. 見積もり提案(クリエイター提案)
  3. 制作進行(MTG同席、制作進行管理、チェック)

大手から中小企業まで幅広い制作実績があるため、要望に応じた対応が可能です。

実際にビデオワークスを通じて制作された動画事例

↓ソフトバンク株式会社(制作費用100万〜)

↓株式会社ビービット(制作費用:50万〜)

「制作したい動画があるが、どのように依頼したらいいか分からない」という方は一度お問い合わせ・見積もりから相談してみましょう

\法人・企業向けプランもあり

VideoWorks(ビデオワークス)のデメリット

ビデオワークスを利用する大きなデメリットはありません

強いて言うなら、繰り返し発注に手間がかかるくらいでしょう。

リピート発注が必要

ビデオワークスを利用すれば、気に入ったクリエイターが見つかる可能性が高いです。。

一度依頼したクリエイターにその後も引き続き依頼することができますが、その都度ビデオワークスを介した発注が必要です。

任意で他ツールでの連絡が可能となりますが、ビデオワークス外での依頼は規約違反となるため、注意しましょう。

とは言え、発注側は手数料も無料で業務委託もする必要がないため、不満に感じることはないと思います。

VideoWorks(ビデオワークス)登録クリエイターを紹介

さまざまな経歴を持つクリエイターが多数在籍しています。

特に、映像制作会社の社員元社員フリーランスが多い印象です。

以下のように評判や実績、職種が一目でわかるため、クリエイターも探しやすいのが利点です。

出典:ビデオワークス

クリエイターのプロフィールは、無料会員登録をすればすべて見ることができます。どのような動画クリエイターがいるか、気になる方は公式サイトから確認してみることをオススメします。

\登録クリエイターをチェックしよう

使用可能ソフト

動画制作の強みはクリエイターによって異なりますが、登録クリエイターの多くが以下のソフトを使用できます。

主な使用可能ソフト

Photoshop
Illustrator
Adobe Premiere
After Effects
Flash
MAYAAdobe Media Encoder

動画制作の主要ソフトを使用できるクリエイターが多数います。

制作実績や評価、使用ソフトなどを加味して適したクリエイターを選びましょう。

撮影や照明機材などを所有するクリエイターもいるため、編集・撮影環境を整えるコストも削減できます

VideoWorks(ビデオワークス)の評判・口コミ

ビデオワークスに関する評判・口コミは1件確認できました。

2020年11月にリリースされた新しいサービスであるため、現時点で口コミは多くありません。

しかし、2021年には流通総額が20億円を突破し、右肩上がりに実績や認知度を高めているサービスです。

案件やクリエイターのレベルが高い

案件やクリエイターのレベルが高いとの口コミがありました。

上記のツイートを見ると、案件のレベルはそれぞれですが、クリエイターのレベルが高いため初心者には厳しいことがわかります。

この点は、発注者からすれば大きなメリットであり、ビデオワークスの質を信頼できる口コミです。

優れたクリエイターから無料コンペで選ぶことができるため、技術レベルや熱意は間違いないでしょう。

VideoWorks(ビデオワークス)で発注する流れ

最後に、ビデオワークスで発注する流れについて解説します。

募集や選定も簡単にできるため、はじめての発注にもおすすめです。

発注の流れ
  1. クリエイターを募集する
  2. 候補者の選定
  3. クリエイターに発注する
  4. 動画の検品・支払い

以下を参考にしてください。

1.クリエイターを募集する

まずは、専用のWebフォームで仕事依頼を作成します。

入力する項目は以下の通りです。

  • 仕事依頼の内容(範囲)
  • 納品形式・納期
  • 金額の指定
  • 簡単なスケジュール

必要項目を入力し「公開」すると、運営の確認後にクリエイターに公開されます。

この仕事依頼をもとに、クリエイターはコンペを提案します。

2.候補者の選定

クリエイターの提案が集まれば、制作イメージに合うクリエイターを選びます

専任コーディネーターが応募者の中から、依頼内容に合うクリエイターを提案することも可能なので、選定作業が手間に感じる方は利用しましょう。

気になるクリエイターが見つかれば、個別でのメッセージやWebミーティングも可能です。

必要であれば、クリエイターと個別に秘密保持契約を結ぶこともできるため、安心して依頼できます。

3.クリエイターに発注する

クリエイターとの確認作業が終われば、登録画面のオファーボタンを押すことで正式にオファーとなります。

この時点で発注が確定します。

オファーの際は、依頼金額や納期、詳細をしっかり確認の上ボタンを押しましょう。

発注後もクリエイターとの任意でのメッセージが可能なので、スケジュール管理も心配ありません

4.動画の検品・支払い

無事、クリエイターから動画が検品されたら確認後、検収をします。

動画に問題がなければ、まずはクリエイター評価を入力し、支払いへ進みます。

ビデオワークスより後日、請求書が送られてくるので期日までに支払います。

基本的に当月末締めの翌月末払いです。

納品物の検収と支払いに関しては、以下のサポートページでも詳細が記載されているので参考にしてください。

参考:納品物の検収と支払いについて|VIDEO WORKS support

まとめ:VideoWorks(ビデオワークス)でプロのクリエイターに依頼!

今回は、最短5分でプロの動画クリエイターに依頼ができるサービス、ビデオワークスについて紹介しました。

直接依頼だからこそ、驚きの低価格が実現できます

累計流通総額は20億円を突破し、動画制作のニーズも年々増えてきていることから、発注者・クリエイター共に今後も増えるのが予想されます。

こんな人におすすめ!
  • はじめて動画制作を発注する初心者
  • 最短で優秀なクリエイターを探したい
  • ムダな手数料やコストをかけたくない

デオワークスは、上記のような発注者に特におすすめです。

動画制作のコストや時間に悩みを持つフリーランスや企業の担当者は、一度利用してはいかがでしょうか。

\ プロ動画クリエイター数No.1! /

今回ご紹介させていただいたサービス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる