マーケティング職にオススメの転職サイト&エージェント

第二新卒でも転職は成功できるのか?現実は厳しい?転職方法までのフローを大公開!

よく第二新卒の転職の現実は厳しいと言われますが、本当なのでしょうか?

そこで、本当に第二新卒の転職は厳しいのか、誰にも当てはまることなのか、ここで正しく検証してみたいと思います。

第二新卒が転職を成功させるために知っておくべきポイントについても解説しますので、転職をあなたにとっての人生のチャンスに変えましょう。

第二新卒なら登録しておきたい転職サイト3選!
  1. リクルートエージェント
    国内最大、実績No.1の転職エージェント。みんなが使っている転職サイト
  2. マイナビジョブ20`s
    20代での転職活動なら、登録しておかないと危険。
  3. ビズリーチ
    ハイクラス向けの転職サイト。登録するだけでオファーが来るのでオススメ!
目次

第二新卒の転職は厳しい?実際の転職状況

実は第二新卒の転職は決して珍しくなく、第二新卒でも希望や条件を妥協せずに転職を成功させるチャンスはいっぱいあります。

その裏付けとなる最新のデータを見てみましょう。

第二新卒の離職率
出典:厚生労働省【新規学卒就職者の離職状況】

まず厚労省のデータから、現実には第二新卒で離職する人は毎年3割、3人に1人は、いることになります

つまり、企業にはそれだけの離職者がいるわけですから離職した分の人材を補充しないといけません。

このことからも分かるように、第二新卒にとっての転職の市場は、世間で思われているよりもずっと間口が広いのです。

次に、企業による意識調査と意向調査を見てみます。

【図1】現在の正社員人材の過不足感 出典:【マイナビニュース中途採用実態調査(2021年版)】
【図2】今後1年間(2021年)の採用意向について 出典:【マイナビニュース中途採用実態調査(2021年版)】

さらに、マイナビのデータからも分かるように、正社員が不足していると回答した企業は6割以上で、多くの業種で未験者でも積極的に採用したいと答えています

このことからも、第二新卒は転職の求人市場で十分に需要があり、正しい転職活動を行えば転職を成功できるということが分かります。

第二新卒の転職の現実は厳しいと感じる本当の理由

一般的に、第二新卒は経験も浅くてスキルもないから転職は厳しいと言われます。

ただし、実際には上のデータからも分かるように、企業は第二新卒を採用する企業は多いというのが事実です。

第二新卒の転職がうまくいかないと感じる本当の理由は、自分の転職事情にあった正しい転職活動のやり方をしていないからなのです。

転職活動で厳しい、苦戦していると感じる方は以下のことに該当していないか分析してみてください。

厳しいと感じる理由①退職理由がネガティブ転職

希望先に前職の退職理由を問われて、前職の不満をもらしてしまっている人が少なくありません。

たとえ辞めた本当の理由がそうであっても面接では同情などはされず、人の悪口を言うネガティブな人だというイメージを持たれてしまいます。

応募企業に転職する意欲や自分を戦力として売り込む強みに乏しいような発言は控えましょう。

厳しいと感じる理由②短期で退職した理由があいまい

面接官は第二新卒を採用する際、「またすぐうちでも辞めるのでは?」という疑念を払拭するような言葉を待っています。

それに対して明確な退職理由を述べられなければ自己分析がきちんとできていないと判断され、採用してもらえません。

前職をすぐに辞めた理由は採用する側として最も重要視されることの一つですので、きちんと答えを用意しておく必要があります。

厳しいと感じる理由③新卒ではないという自覚の欠如

第二新卒の転職を、新卒時の就職活動と同様に捉えて転職活動を行っている人が大変多いです。

新卒とは異なり、一度は自分が希望して就職した企業をすぐに辞めているわけですから、自分がなぜそこを辞めたのかをきちんと振り返って転職先を探しましょう。

転職先の企業の仕事の内容と量が自分の希望や実力ときちんとマッチしているか細かく検討して、自分の意欲と力の両方が活かせる会社を見つけてください。

第二新卒の転職でアピールすべきポイント

第二新卒は採用する企業に対して、新卒よりも自分を採用したほうが会社にはメリットがたくさんあることを伝えることが重要ポイントです。

次にあげるアピールすべき内容を、しっかり理解しておきましょう。

①さわやかさと強い意欲と積極性をアピール

たとえ異業種や異職種からの転職でも、第二新卒ならまだフレッシュさがあって元気よく、仕事に対して積極的であれば企業から採用されることは大いにあります。

企業側には自分がまだ若くてフットワークに優れていることや、仕事に対する熱意や意欲を高く評価してもらえるようにアピールしないといけません。

自分のまだ新卒と何ら変わらない若さと元気さを知ってもらうことが重要です。

②優れたビジネスマナーが既に備わっていることをアピール

学生気分が抜けない新卒と違い、社会で働いたことがある第二新卒には実戦で経験を積んでいて、社会常識やビジネスマナーを身につけていることが魅力的です。

企業側にとって、第二新卒は新卒に比べて新人研修に費やすコストや時間がかからないというメリットがあり、そこで自分なら即戦力になるということを上手にアピールできると良いでしょう。

③企業との希望のマッチ度の高さをアピール

自分のやりたかったことと企業の仕事内容との一致度の高さをアピールしましょう。

企業の経営方針や仕事内容に自分の経験やポテンシャルが活かせて、実現できることを説明するのが重要となります。

企業は第二新卒を積極的に採用しようという方針で面接をしますが、再度、早期退職するのではないという懸念も抱いているのは事実です。

前職を辞めた理由をポジティブに説明し、さらに前職の経験をどう活かせるのかきちんと伝えられれば、懸念を払拭できるでしょう。

④自分が即座に実戦で貢献できることをアピール

応募企業に対して、自分のできることとどのように貢献できるのかを面接官に丁寧に説明することが大切です。

新卒と違い、自分には社会人としての視点の広さや柔軟性が備わっていることを主張できれば評価されます。

社会人経験を活かして前職でどのような工夫や努力をして成果を出したのかを十分にアピールしてください。

内容をうまく伝えられれば即戦力として期待できる人材だと判断してもらえます。

4.第二新卒でも転職が成功させる方法

第二新卒が転職で成功するには、上で述べたように自分を企業に積極的に売り込む姿勢が求められます。

そこで転職する前にできることや、やってしておくべきことを解説します。

①自己分析をやり直す

まず自己分析をしっかりすることから始めましょう。

自分が得意とすることや、本当にやりたいことを細かく分析し、特に他の人よりも優れている長所を3つ以上挙げられるようにすべきです。

あらかじめ自己分析をしておくと、希望する企業の仕事の内容に自分をどれだけ貢献できるか、今までよりもさらにアピール材料が見つかるでしょう。

②第二新卒に強い転職エージェントに登録する

第二新卒は仕事への強い意欲と企業への貢献の期待を積極的にアピールし、応募する企業にとって欲しい人材であると思ってもらう必要があります。

それには自分流のやり方では限界があり、経歴書の書き方から自己PR、面接の受け答え方法などは転職のプロであるエージェントにフォローしてもらうのが一番です。

転職エージェントなら一人ひとりの転職事情に合わせて的確なアドバイスを受けられますし、企業の求人の紹介までしてもらえますので転職の心強い味方となってくれます。

転職を成功させるためにも、まずは転職サイトに無料登録して求人を探してみましょう。サイトによって扱う求人が異なるので、転職サイトの併用がオススメです!

第二新卒なら登録しておきたい転職サイト3選!
  1. リクルートエージェント
    国内最大、実績No.1の転職エージェント。みんなが使っている転職サイト
  2. マイナビジョブ20`s
    20代での転職活動なら、登録しておかないと危険。
  3. ビズリーチ
    ハイクラス向けの転職サイト。登録するだけでオファーが来るのでオススメ!

転職でよくある疑問

最後に転職でよくある質問に回答します。初めて転職する人や、転職初期に感じることが多い疑問をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください

転職するつもりがなくても転職エージェントは使っていいの?

転職エージェントは使ったからと言って、必ずしも転職する必要はありません。気軽に自分のキャリアのチューニングのために使うくらいの感覚で問題ありません。

仕事をやめたら会社に迷惑がかかるのでは…?

大丈夫です、会社に迷惑はかかりません。会社に人の入れ替えがあるのは当たり前で、それを上手く調整するのが人事の仕事です。心配しなくても人事に任せておいて問題なしです。

職場に退職を伝えるタイミングは?

希望の会社から内定が出たタイミングで退職の意思を伝えましょう。実は民法的には2週間前までに伝えればで問題ないことになっています

やりたい仕事が見つかりません。

やりたいことがないのはあなただけでなく、世の中で働くほとんどの人も同じです。やりたいことが見つかるまでは、市場価値を上げることに専念することをオススメします。選択肢を広げておきましょう。

市場価値を上げるにはどうしたらいいですか?

市場価値(年収)は「業界×職種」で決まります。これから成長する業界で、貴重な職種を経験できれば市場価値は確実に上がります

まとめ:第二新卒だからこそ、積極的に転職にチャレンジしていこう

新卒1~3年目の第二新卒では、上の世代と比べてスキルや実績が問われません。

つまり、積極性や面接までの準備、態度次第で、転職できる可能性がグッとアップします。

これは、他の世代と比べて第二新卒世代だけに与えられたチャンスです。

「転職してみようかな・・・・」と悩んでいる人は、無料の転職エージェントを使い倒していきましょう。

第二新卒なら登録しておきたい転職サイト3選!
  1. リクルートエージェント
    国内最大、実績No.1の転職エージェント。みんなが使っている転職サイト
  2. マイナビジョブ20`s
    20代での転職活動なら、登録しておかないと危険。
  3. ビズリーチ
    ハイクラス向けの転職サイト。登録するだけでオファーが来るのでオススメ!

参考記事

【徹底比較】オススメの転職サイト&転職エージェント10選!

自分の市場価値を上げるコツ?!転職エージェントを使い倒す方法を解説します

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる