マーケティング職にオススメの転職サイト&エージェント

【田舎で稼ぐ】地方に仕事はある?移住先で転職先を見つけるオススメの方法

あなたは、「食べられるだけの仕事があれば良い」とか、「田舎でのんびり暮らしたい」と感じていませんか?

世の中には、仕事メインの生活を一新して、「田舎へ移住したい!」と考えている人もたくさんいます。

しかし、そういう人達にとって共通の不安というものがあります。

それは、「田舎で稼げるのか?」、「転職先があるのか?」ということです。

移住した先でもある程度は稼げないと、生活すらできなくなってしまうので、このような不安を抱えるのは当然です。

そこで、田舎へ移住したいと考えている人に向けて、田舎で稼ぐ方法について説明します。

あなたがこれから、田舎や地方への移住を考えているならば、ぜひ参考にしてみてください。

地方に強い転職サイト
  1. doda(デューダ)
    国内最大級の求人数。全国に30の拠点を持ち、地方転職に特化したエージェント機能を持つ。
目次

1.田舎でお金を稼ぐ方法は“雇われる”、“自営業”、“フリーランス”の3つ

田舎や地方でお金を稼ぐ方法は大きく分けて3つあります。

それが、

  • 雇われる
  • 地域で自営業
  • フリーランスで都市のお金を稼ぐ

の3つです。

以下、これらについてもう少し、詳しく説明します。

地域で雇われる

1つ目の方法は、”雇われる”。つまり、会社に就職して働くということです。

会社員として働くので、一番、堅実な方法となります。

会社で働く場合、都会と田舎の違いを簡単にまとめると、

  • 規模の小さい会社が多く、その地域ならではの仕事がある。
  • 工場が多い地域もあるため製造現場系の仕事が多い。
  • 求人自体は少ない。
  • 給料は都会と比べると低め

といったところです。

地域ならではの仕事がある一方、求人が少なかったり、給料が都会と比べ低いというマイナス面もあります。

地方で自営業に取り組む

2つ目の方法は”自営業”、つまり、自分で起業するということです

地方・田舎で起業するということは、「地域の仕事を請け負う」と考えても良いでしょう。

意外と都会では当たり前だったことが、田舎にとっては新しい事業になる。そんなチャンスが結構転がっています。

もし、あなたが、都会で得たスキルがあるならば、それをもとに起業するのも良いでしょう。

また、起業するときには、補助金なども有効活用しましょう。

せっかく補助が出るのに、それを知らずに利用しないなんてもったいないですよ!

具体的な補助については、下記のようなものがあります。

その他に、田舎では、跡継ぎに困っている会社もあるので、それを引き継ぎ、起業につなげる方法もあります。

いきなり起業するのではなくて、すぐそばで、経営者のノウハウを勉強しながら、自営業につなげることができるので、「これから起業したいけど、何から始めたらよいか分からない」という人にはおすすめです。

フリーランスとして都市のお金を稼ぐ

3つ目がフリーランスです。言い換えれば、業務請負です。

つまり、色々な会社や人から業務を請け負うことですね。

フリーランスはパソコンがあれば、田舎や都会関係なく同じように働くことができます。

つまり、地域に根付いた自営業と違って、「全国(特に都心)の仕事を請け負う」というイメージです。

主に、プログラミングなどのIT系の仕事やライターの仕事などがあります。

2.田舎での色々な稼ぎ方を紹介

では、次に田舎や地方での具体的な稼ぎ方について、色々と紹介したいと思います。

雇われる1・・・地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化の進む地方や田舎で、地域外の人を受け入れて、地域活動に協力してもらう制度です。

住む場所も貸してくれますし、着任後、給料もすぐに出るので、安定した収入と住む場所まで確保できる点は魅力です。

ただし、任期はだいたい、1~3年以内となっています。

各自治体にて募集しているので、そちらを確認してみましょう。

給料や活動内容も各自治体ごとに異なるので、そちらも併せて確認してみてください。

雇われる2・・・工場系の仕事

地方や田舎には、大企業の工場や、製造系の中小企業が多いです。

そのため、組立や溶接、倉庫からのピッキング、生産管理などの求人が意外と多いです。

また、ガッツリ稼ぎたい人は、自動車メーカーの工場のライン工など、交代勤務の仕事もおすすめです。

ただし、体力的にはキツイので体力に自信がない人は避けた方が無難でしょう。

工場系の仕事に興味がある人は、地域の求人情報やハローワークを確認してみてください。

ほぼ、100%どこかの製造業で募集があるはずです。

雇われる3・・・一次産業

地方と言えば、林業や農業などの一次産業の仕事を真っ先にイメージする人も多いと思います。

「自分の食べるものを畑から収穫して生活する・・・」そんな夢を描く人もいるかもしれません。

しかし、いきなり未経験の人がこのような一次産業を始めるのはとても大変です。

そこで、おすすめするのが、先に紹介した地域おこし協力隊を利用することです。

地域おこし協力隊では、活動内容が農業であったり、林業であったりと、一次産業を経験できるものも多いです。

もし、あなたが、「未経験から一次産業の仕事をしたい」と考えているならば、まずは地域おこし協力隊の活動内容を調べてみましょう。

そして、活動内容が、やりたい仕事と合っている田舎への移住を検討してみてはどうでしょうか。

雇われる4・・・その他 地方ならではの仕事

他にも、地方や田舎ならではの仕事というものもあります。

例えば、地域に根差した工務店や、地元の銘菓の製造、地ビールの製造などの仕事などが挙げられます。

このような仕事も、高齢化で後継ぎがいなかったり、人口減少などで働き手を求めていることがあります。

地元の求人情報を探すほかに、お店に実際訪れてみると、求人募集の張り紙がしてあったりすることもあります。

もし、気になるお店を見つけたら実際にお店に行ったり、働けないか頼んでみるのも1つの手です。

自営業1・・・自分のスキルや経験をもとに起業する

田舎では、都会のようにお店が何でも揃っているというわけではありません。

そこに、起業するチャンスがあります。

都会で培ったスキルや地域に求められるニーズを上手くキャッチして起業すれば、地元のオンリーワン企業になれる可能性もありますよ!

例えば、コーヒーが好きで、焙煎についても勉強していた人はカフェをオープンしたりしています。

店舗も、田舎には空き家がたくさんあるため安く購入することができます。

このような空き家をリフォームすれば、また、そこに味がでて、田舎ならではの店舗にデザインすることもできます。

他にも、私の知り合いでは、元整体師の人は、自宅で整体院を始めています。

さらに、こちらの人は、整体院をしながら、自宅で自作したお菓子なども販売しています。

このように、1つのスキルだけでなく、”整体×お菓子作り”などのように複数の仕事を掛け合わせた起業もおすすめです。

自営業2・・・事業継承

起業したいけれど、何から始めたらよいのか分からない場合は、事業継承もおすすめです。

田舎には、社長に後継ぎがいないため、後継者を探している企業が結構あります。

特に、中小企業は、後継者不在で事業を引き継ぐことができず、黒字経営なのに休業や廃業してしまうケースも出てきています。

このような企業の後継者になれば、現社長から、経営などについて、直接学ぶことができます。

本で読んだりするより、”生きた経営”を学べるので、経営スキルを身に付けるには、とても有効です

ただし、数百万円以上の資金が必要になります。

事業継承を希望している企業を探す場合は、

「後継者を探している企業」と「後継者になりたい人」を仲介するサービスなどが各県にあるので、まずはそちらを調べてみましょう。

また、「資金がそんなにたくさんない」という人は、社長候補を契約社員として雇ってくれるような求人を探すと良いでしょう。

この方法ならば、契約社員として、給料をもらいながら経営について勉強することができます。

こちらは、求人の数としてはそれほど多くありませんが、募集が出ることもあるので、求人情報を定期的にチェックしてみてください。

フリーランス1・・・IT系の仕事やWebライターなど

プログラマーやWebデザイナーなどのIT系の仕事はまだまだ人気で、スキルさえあれば、どこにいても仕事が受けれらます。

AIなどの技術もこれからますます発展していく見通しで、IT系の技術者不足も懸念されているほどなので、食いっぱぐれる心配もほとんどないでしょう。

他にも、文章を書くのが得意な人には、Webライターという仕事もあります。

家にいながら仕事をできますし、もし、企業などからの案件を得られるようになれば、安定収入にもつながります。

また、一からWebライターの仕事を始めたいと考えている人は、次に紹介するクラウドソーシングサイトを利用するのもおすすめです。

フリーランス2・・・クラウドソーシングサイトを利用して、仕事を請け負う

中々、個人で仕事を見つけられない場合はクラウドソーシングサイトの利用がおすすめです。

クラウドソーシングサイトというのは、「Web上で仕事を依頼したい人と、仕事を受けたい人をマッチングさせるサービスを提供しているサイト」のことです。

代表的なサイトで言えば、「クラウドワークス」「ランサーズ」などがあります。

クラウドソーシングサイトでは、プログラミングやWebデザイン、ライティングの仕事以外にも、エクセルでのデータ集計やECサイトの出品登録の手伝い、動画やテープの文字起こし・・・等々、色々な仕事があります。

但し、このようなサイトでの仕事はやはり、単価は安めです。

しかし、実績を積みながらスキルを得ていくことで、単価交渉したり、サイトの仲介無しに仕事を請け負えるようになれば、単価を挙げていくことも可能です。

【まとめ】複業を見据えつつ、まずは地方の仕事を探してみよう!

以上、色々と田舎での稼ぎ方について紹介してきました。

たくさんあって、どの仕事をしたらよいのか迷うかもしれませんね。

しかし、もし迷った場合におすすめの働き方が複業です。

つまり、いつくかの仕事を掛け合わせるのです。

例えば、

  • 農業×空いた時間でプログラミングの仕事
  • 林業×週末だけ工場系バイト
  • 地域おこし協力隊×協力隊の活動内容をブログやYouTube配信

等々。

このように複数の収入源をもっておけば、どれか一つが上手くいかなくても、収入がゼロになることはありませんし、1つの仕事では給料の単価が安くても、複数の仕事を掛け合わせることで給料の低さをカバーすることもできます。

「田舎や地方ならではの仕事」と、フリーランスのような「全国の仕事を請け負う仕事」など、稼ぐ方法は色々とあります

だから、田舎でも十分に稼ぐことができると思います

地方の転職に強いdodaでまずは仕事を探してみよう!

公式サイト: https://doda.jp/

  • 約8万件の公開求人情報
  • 転職エージェントと転職サイトを同時に利用可能
  • 地方転職希望者へのサービスが手厚い

1つのサイト登録で転職サイトとエージェトサービスが受けられるので、手軽で質の高い情報が手に入ります。

また、地方企業とのパイプも太く、全国の企業の求人を豊富に扱っていることがなによりのオススメポイントとなります。

公開求人情報は約8万件ほどあり、適職診断や、転職ガイドなどのサポートサービスも充実しています。初心者でも安心して使えるサービスです

\【地方移住希望者にオススメ】3分で無料登録!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる