マーケティング職にオススメの転職サイト&エージェント

法人営業はきつい?営業が辛い5つの理由と営業から未経験で他業種への転職方法

法人営業はきつい!新領域営業職や異業種への転職に成功するポイントとは

もし今、法人営業を頑張っているけど、色々きついし苦しいから他の仕事に変えたい!と思っている方は特に必見です。

BtoB営業よりも、もっと自分らしく、やりがいのある仕事に就きたいと1度でも思ったらその時がチャンス!

ここで自分にあった今までの営業のスキルを活かせる新領域の営業職や異業種への転職に興味がある、迷っている方の法人営業からの転職成功法を紹介します。

目次

法人営業がきつい5つの理由

法人営業がきつい5つの理由

法人営業は、営業側から自社商品やサービスなどを企業に勧めるのが主な仕事です。

しかしなぜその法人営業がきついと感じるのでしょう?

法人営業ならではのきつい理由を紹介します。

 ①ノルマ達成が厳しい

BtoB営業の場合は1件の契約金額が大きいですから、なかなか簡単には契約してもらえません。

顧客相手も判断に長い時間がかかり、場合によっては契約してもらえないなんてことも多々あります。

法人営業がきついと言われるのは、このノルマ達成が厳しいということが大きな理由の1つです。

これがもし個人営業なら、小さな契約をたくさんとって売上をアップさせることができますし、契約成功率の高そうな顧客を選別することもできますが、BtoB営業の場合はそうはいきません。

法人営業は個人営業と違って契約の数は少ないですがその分、大きな売上を求められるというノルマの達成がきついところです。

 ②残業が多い

法人営業がつらいといわれる2つ目の理由は、残業が多いということです。

様々な企業を相手に出向いたり電話をかけて説明したりと、時間をかけて交渉する必要があります。

当然長時間労働となり残業がどうしても多くなってしまうのです。

時には長時間かけて移動し、相手先に出向いたにも関わらず担当者の不在でまた別の日に出向かないといけないなんていうことも少なくありません。

このように法人営業は外回りの時間や戻ってからの事務的な作業が多いため、残業が非常に多くなります

拘束される時間が長いですからプライベートを重視したい方にとってはとてもきついと言えるでしょう。

 ③人間関係がきつい

法人営業は一人一人が個人で行っていても、営業目標はチームや部署の単位で課せられています。

BtoB営業の場合、そのチームや部署を取りまとめるリーダーの評価が全体の目標達成率にかかっているのです。

それによって目標が達成できない時は人間関係がまずくなったり、上司から叱責されたりすることもありますので、とてもきついと言われます。

しかも今月ノルマを達成したとしても、来月はまた別のノルマを課せられますので、毎月緊張感をもって仕事をしなくてはならないというのがきついです。

④給料が見合わない

給料が見合わないのも法人営業がきついといわれる理由です。

残業は長く、外回りが多いなど、ノルマが厳しいにもかかわらず給料が低く、労働と見合わないと感じます

残業しても残業代が出ないことなどもあり、タダ働きと強く感じるとやりがいを感じないでしょう。

⑤強引な手法で押し売りしている感覚が嫌だ

ノルマ達成のためには、時には相手がそこまで必要としていない商品やサービスでさえ、売りつけないといけない場合があります。

あまり強引な手法だと顧客から敬遠される可能性もある点は注意しないといけません。

競争社会とはいえ、性格的に相手のことを気にするタイプの正確だと精神的にきついと感じます。

営業のスキルを活かし新領域営業職へ転職

営業のスキルを活かし新領域営業職へ転職

営業職という枠は大きく、新規開拓の営業、法人営業、個人営業、ルート営業など様々あります。

中でも最近の営業スタイルは業界や商材によって大きく変わるので、営業職はとてもニーズがあり、人気も上昇中です。

コンサルティング営業やマーケティング企画を提案できる営業が必要とされ、営業企画に必要な力である顧客に提案する力=ソリューション営業力が求められています。

そこで法人営業からの転職はこれまで自分が培ってきた営業のスキルの応用が効きますので、転職しても即戦力として働くことが可能です。

①企画営業

会社が抱える業績不審や経営に悪化の要因や社員教育から職場環境などの問題点の改善策を見つけることが仕事です。

問題解決のために有効な自社製品やサービスを企画推進、販売をして解決策を提案します。

「リサーチ・分析」

企業の経営上の問題点を調査して分析し、会社も社員も改善と発展ができるよう課題を的確に調べて指摘する仕事です。

綿密なリサーチによって改善点を見つけ、可視化することで新しい施策への提案材料とします。

「提案営業」

自社の目標を達成するために、自社製品あるいはサービスを顧客に対して解決方法や具体的な取り組みといった形で提案する仕事です。

具体的には自社製品あるいはサービスをどのように活用すれば顧客にとって最大の利益が生じるかを考えて提案します。

それによって顧客との距離を近づけることができ、解決策と自社の商品やサービスを合わせて提示すれば、付加価値がつくでしょう。

法人営業よりも押し売り感がなく、法人営業がきついと感じていた人におすすめです。

「ラウンダー」

ラウンダーはセールスではなく既存顧客である店舗を巡回しながらリサーチを行い、継続的に信頼関係を維持する営業です。

顧客との信頼関係が構築できたら、次は顧客から改善点や希望などをヒアリングして情報収集することで、新たな商品やサービスの開拓、既存のものを改善するヒントを得ます。

それを最終的に顧客の課題の解決策を提案するきっかけとするわけです。

②マーケティング企画

マーケティング企画は主に、マーケットを分析して戦略的に商品・サービスを売る仕組みを作る仕事です。

顧客のニーズを捉えてニーズに応える企画力によって商品を売り込みます。

「プロモーション企画・運用・管理」

仕事への工夫とアイデアを出した企画・提案は顧客を満足させるのにとても重要です。

商品・サービスのプロモーションを行うプロフェッショナルとして、売上アップや企業のイメージアップを図ります。

商品やサービスの企画や運用、顧客管理など総合的に取り組みます。

営業から離れて異業種へ転職

営業から離れて異業種へ転職

法人営業がきつい場合、営業から未経験でも転職できる職種につく方法があります。

営業経験は、顧客対応やPDCA力が評価されていますので、未経験でも転職できるケースが多いのがメリットです。

PDCAサイクルとは「計画⇒実行⇒(評価)⇒(改善)」のことです。

これは、一連のプロセスを繰り返すことによってビジネスの効率化および改善する方法の1つです。

そしてPDCAサイクルの目的は、この一連のサイクルを繰り返すことで継続的に成長することとされています。

営業職から離れ、全く別の仕事つまり異職種に転職する場合について解説しましょう。

このケースでは、職種自体が変わるため、これまでと全く別のキャリアを形成していくことになります。

①事務

事務は人気のある職業で応募者も多いですが、営業から転職することも可能です。

主な業務は資料の作成や電話への対応、顧客サポートなどですが、事務の特徴は仕事の幅が広いことといえるでしょう。

営業職をサポートすることができますので、 営業担当者としての経験から営業担当者の気持ちが理解できるという経験を活かすことができます。

②販売

営業と異なり、販売はある程度物やサービスを購入する意思のある顧客に対し、購入のためのサポートを行うのがおもな仕事です。

そのため、顧客のニーズに沿った商品やサービスの紹介や、おすすめできる提案力が求められます。

お客様からの質問や悩みに対して適切に答えられる知識なども必要です。

③WEBマーケティング職など

WEBマーケティング職と営業職は実はスキルの面で関連性があります。

WEBマーケティング職で必要なスキルとして

  • 調査分析してデータ化するスキル
  • コミュニケーションスキル

などが挙げられ、WEBマーケティングの多様化に伴い、新しい方法やツールを柔軟に使うという営業職のときに培ってきた判断力や分析力が活かされます

④WEBデザイン職

Webデザイナーに特別な資格は必要ありませんので、誰でもウェブデザイナーWebデザイナーとして働き始めることができます。

仕事ではスキルと経験が重要なので、資格に固執するのではなく、スキルを向上させましょう。

Webデザイナーになるために必要なスキルは次のとおりです。

  • デザインスキル
  • イラストレーターとフォトショップのスキル
  • HTML / CSSスキル
  • JavaScriptスキル

まとめ

高度なスキルをもつソリューション営業の進化形が企画営業やマーケティング営業といえるでしょう。

法人営業がきついと感じたら、転職エージェントの力を借りて、自分にあった職業を見つけることをお勧めします。

今まで培ってきた営業職スキルである、顧客のニーズを知るヒアリング能力、関係構築力、マネジメント能力などをうまく次のステップへつなげてください。

法人営業はきつい!新領域営業職や異業種への転職に成功するポイントとは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる